自律神経の乱れによって現れる症状は、イオン整骨院にお任せください!

代表施術者:長濱 竜之介

〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3丁目11−3ルミエール相模大野201

受付時間:平日9時~13時、15時~24時。土日祝9時~22時。※交通事故の方は平日24時まで受付!通常の受付は20時まで!

  • お電話でのお問い合わせ:042-748-6916
  • MAP
  • 24時間メール予約
  • LINE@簡単予約

自律神経の乱れからくる不調もスッキリ解消!

自律神経の乱れによる症状

   

こんなお悩みはありませんか

  • めまいや耳鳴りのすることが多い。
  • 肩こりや腰痛がなかなか治らない。
  • 夏でも手足が冷えることがある。
  • 寝ても疲れが取れない。
  • 在宅になってから不調を感じるようになった

ひとりひとりに合わせて8つの観点から調整を行います。


 

自律神経とは心とカラダの状態を活発にする「交感神経」と、心とカラダを休ませる「副交感神経」から成り立ちます。

この2つの神経がうまくバランスを取りながら働いてくれているおかげで、私たちの健康は保たれています。しかし、なんらかの原因がきっかけで、このバランスが崩れると心身に支障をきたしてしまいます。これが自立神経の乱れた状態です。

上手く寝付けない男性

よくある原因

デスクワークによる姿勢不良、運動不足、人間関係や仕事でのプレッシャーによるストレス過労による肉体疲労の他、昼夜逆転した不規則な生活が自立神経の乱れの原因になるといわれています。

上記のような生活を繰り返すと、だんだん身体に歪みが生じてきます。
その歪みは人それぞれですが、この歪みを取り除くことにより身体の不調は解消に向かっていきます。

当院では上記の様な不調に対して、当院独自のアプローチ法(イオンメソッド)にて、体の歪みを正して不調軽減のお手伝いをさせていただいております。

↓↓  イオンメソッドについてはこちらをクリック!! ↓↓

 

その乱れ…こんな不調に発展していませんか?

 

在宅ワークやデスクワークなどの負荷によってカラダを酷使することによっても自律神経の乱れは生じます。痺れや疲れが取れない、なかなか寝付けないといった不調は自律神経を整えることによって改善する可能性がございます!

手足の冷えやしびれ

症状がひどくなると痛み以外の症状に発展する場合もございます

自律神経(交感神経・副交感神経)は首まわりから出ている神経です。考え方は様々ですが、自律神経が乱れる原因として首肩まわりの筋肉や筋膜の硬さ、骨盤などの計8つから由来するものがございます。この状態を放っておくと首肩まわりの痛みから発展して「頭が締め付けられる」「頭痛が現れる」「なかなか寝付けない」「肩の力が抜けない感じがする」というような症状が現れることがあります。相模大野にあるイオン整骨院では上記のようなカラダに起こる『8つの不調(頭蓋骨・骨盤・背骨・筋肉・筋膜・神経・内臓機・関節)』由来のものを対象に症状軽減のお手伝いをさせていただきます!

来院される前に確認をしていただきたいこと!

相模大野にあるイオン整骨院ではカラダに起こる8つの不調(頭蓋骨・骨盤・背骨・筋肉・筋膜・神経・内臓機・関節)』由来の自律神経の乱れに対してアプローチを行います。よって『自律神経失調症』といった専門的な傷病名をお持ちの方に関しましては心療内科様のような専門的医療機関への受診をお勧めしております。

症状等によってはそちらをお勧めする場合もございますので、ご不明点がある方はまず当院までご連絡をくださいますようお願いいたします。

電話をする男性

自律神経の乱れを解消するためのセルフケア

 

ストレスを感じることが多い現代社会では交感神経が過剰に働いている場合があるので、心を鎮める副交感神経が優位に働くよう意識的にリラックスできる方法を取ることが大切です。

例えば気持ちが穏やかになる音楽を聞いたりぬるめの湯にゆっくりつかったり…

お風呂に浸かる女性

ライフスタイルや食生活を見直すこともおすすめです。

私たちの生活は食事睡眠休養労働(勉強)、運動の5つの要素で構成されており、これらが毎日規則正しく行われていれば生体リズムの調子が整うといわれています。

忙しくてもできるだけ一定の時間に食事を取り、睡眠時間をたっぷり確保するよう心掛けましょう。
睡眠の質を良くする食べ物には、眠りを促す成分トリプトファンを含む乳製品やお米ごまバナナの他に副交感神経の働きを高めるマグネシウムを含む豆腐やナッツ類などがあります。

ストレスの緩和や自律神経のコントロールができる成分

ストレスの緩和や自律神経のコントロールに効果が期待できる成分は他にもいろいろあります。

例えば、カルシウムは神経の伝達に重要な役割を果たす成分。神経細胞の興奮を抑える働きがあり、不足すると怒りっぽくなると言われています。牛乳や小松菜などカルシウムを含んだ食品を取りましょう。
またビタミンCを含むパプリカやレモンもストレス対策におすすめです。
自律神経のコントロールにはビタミンAを含む鶏レバーやうなぎ、ビタミンEを含むアーモンドやオリーブオイルなどが効果的です。

ご飯を食べる男性

当院でできる自律神経に対してのアプローチ

当院では自律神経の乱れに対して、まず頭蓋にアプローチする施術を行なっております。実は頭の中でも呼吸が起こっており、私たちが普段行っている肺での呼吸を2次呼吸といい、頭で起こる呼吸を1次呼吸と言います。

この頭で起こる呼吸が乱れると、自律神経の乱れにつながります。

施術を行う男性スタッフ

当院では、この1次呼吸が乱れるのを防いでいきます。
硬くなりやすい場所やストレスの溜まるツボなど、頭や顔など様々な場所(人によって歪みのある部分は違います)に対してにアプローチをしていき自律神経が乱れるのを防ぎます。

しかし、患者様自身の生活リズムの乱れであったり不規則な睡眠、不健康な食事などが原因で起こることが多いのでそこも一緒に治していく必要性があります。
なので、患者様と私たち施術スタッフが一丸となって施術していくことが早く治る近道です!一緒に頑張っていきましょう。

\ 自律神経の乱れの解消にはこちら! /

イオンメソッド