相模大野にお住いでオスグッドにお困りの方はイオン整骨院におまかせください!

代表施術者:長濱 竜之介

〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3丁目11−3ルミエール相模大野201

受付時間:平日9時~13時、15時~24時。土日祝9時~22時。※交通事故の方は平日24時まで受付!通常の受付は20時まで!

  • お電話でのお問い合わせ:042-748-6916
  • MAP
  • 24時間メール予約
  • LINE@簡単予約

オスグッド

   

こんなお悩みはありませんか

膝を痛がる子供

  • スポーツによる膝の痛みがある
  • ジャンプ動作の時に膝が痛む
  • 膝の下の膨らんでいるところに触れると痛みが現れる
  • 膝の曲げ伸ばし時に痛みが現れる
  • 成長痛のような痛みが現れる

オスグッドとは

まず、オスグッド病の痛みを出している場所がどこなのか確認してみましょう。皆さんはオスグッド病ってどこが痛くなっているかをご存知ですか。痛めている場所を正しく理解していただくことで早期回復につながります。痛みを出しているのは、お皿の下にある骨の部分なのです。その骨は、足首からひざ下まである骨の上側になります。

サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする小学生や中学生に多く見られ、発症のピークが13歳頃の男子に最も多いと言われています。膝の下にある脛骨と言われる骨が出っ張り痛みを生じる軟骨の炎症がオスグッドの正体です。

オスグッド病は様々なスポーツでジャンプや屈伸動作を行う事により大きな衝撃が膝にかかり膝の下に痛みを生じます。又、成長期は急激に身長が増加して骨が成長しますが筋や腱などの軟部組織は成長しないので筋肉が硬くなってしまいやすい時期でもあります。

脛骨粗面と言われる部分に存在する骨端核(小児にのみ存在する骨の赤ちゃん)に太ももの前についている筋肉【大腿四頭筋】が膝のお皿を介して牽引力がかかります。その結果少しずつ引っ張られ、ひどい場合は骨端核が剥がれてしまいます。

オスグッド病を発症すると膝の下に熱感や腫れ、骨の様な出っ張りが認められます。急性外傷ではない為にスポーツ休止の判断が難しく、現場では痛みを抱えながらスポーツ活動を継続している選手が度々見られます。多くのスポーツ現場でうさぎ跳びが禁止されたのもオスグッド病の発症率が高いからだと言われています。

イオン整骨院で行うオスグッドの治療法

オスグッド病において大腿四頭筋の柔軟性というものがとても大切になります。イオン整骨院では医療マッサージによる全身コンディショニングや大腿四頭筋のストレッチ、身体の使い方のトレーニングなどを治療として行っております。又、腫れや熱感などがある場合にはアイシングやテーピングを行います。

足のストレッチをしているスタッフ

その他にも症状の改善を促進させる超音波治療や電気治療のひとつである低周波治療器などを使い患者様のスポーツ活動の復帰をお手伝いさせて頂きます!スポーツをされている方やスポーツ活動をしているお子様がいる親御様は是非一度ご相談下さい。イオン整骨院は痛みに寄り添って患者様の立場に立ち一緒に治療をして行きます!