相模大野にお住いの方で腰椎ヘルニアでお困りの方はイオン整骨院におまかせください!

代表施術者:長濱 竜之介

〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3丁目11−3ルミエール相模大野201

受付時間:平日9時~13時、15時~24時。土日祝9時~22時。※交通事故の方は平日24時まで受付!通常の受付は20時まで!

  • お電話でのお問い合わせ:042-748-6916
  • MAP
  • 24時間メール予約
  • LINE@簡単予約

腰椎ヘルニア

   

こんなお悩みはありませんか

  • 座り姿勢や同じ姿勢でいることが辛い
  • 足に力が入りにくく歩いているとつまずいてしまうことがある
  • 腰から足先にかけての痺れや違和感がある
  • 痛みやシビれが続くため薬や湿布を常用している
  • 整形外科や他の整体へ通ったが症状が改善しない

ヘルニアは手技にて施術を行った際に少しでも違いが出る場合は、今の状態よりも格段に痛みや痺れが出ない状態になる可能性があります。

治すことをムリと諦めてしまう前に、イオン整骨院での施術を受けることをお勧めいたします。

腰椎椎間板ヘルニアとはどのようなものなのか?

腰椎椎間板ヘルニアとは腰椎の間のクッションの役目をしている軟骨(椎間板)が変性してしまうことにより椎間板を構成している線維輪が断裂して中心部にある随核の一部が飛び出してしまうことをいいます。

また飛び出してしまった椎間板が神経を圧迫してしまい坐骨神経痛(腰から脚までに痛みやシビレが出る症状)によって思うように歩けなかったり、同じ姿勢で座り続けたことにより痛みがひどくなる…など、日常生活に支障をきたす場合も多く見られます。坐骨神経痛を引き起こす他の疾患は背柱管狭窄症、腰痛すべり症、梨状筋症候群などの疾患があります。

どのような症状なの?原因は?

症状
腰から下肢かけてのしびれ だるさ(片足だけに出る場合が多数を占めます。)

動きによる痛みの増加(前かがみ、寝がえり、くしゃみなど…)

間欠性跛行(下肢の痺れにより長い距離を続けて歩くことが出来ず、歩行と休息を繰り返す)

姿勢の変化(痛み軽減させるため脊筋を曲げたり、脊柱を側弯させる)

 

原因
椎間板に負荷をかける行為(中腰での作業、重量物の持ち上げ、スポーツなど)

加齢

遺伝的要因(生まれつきの骨の形など)

姿勢の悪さによる骨盤の歪み、ズレ

 

イオン整骨院で行うヘルニアへの治療法

ヘルニアになりやすい人の特徴

腰椎椎間板ヘルニアの男女比は3:1で男性の方が2倍ほど多いと言われています。
発症しやすい年齢としては活動性が高く椎間板に水分量が多く髄核が飛び出しやすい20〜40歳に多いとされていますが、20代以下の若年者や高齢者の方にも発生します。 

また、ヘルニアになりやすい部位は負荷がかかりやすい腰椎の4番と5番の間、そして腰椎の5番と仙骨の間が圧倒的に発生しやすいです。

 

手術は必要なの?

椎間板から突出した髄核は、タイプにもよりますが数ヶ月でカラダに吸収されるため多くの腰椎椎間板ヘルニアは手術の必要はありません。

しかし、再発をすることも多い疾患なので症状の根本的な原因である骨盤の歪みや骨格のズレを改善してあげることが大切になります。

ヘルニアに対するイオン整骨院の治療法

相模大野のイオン整骨院では、まず問診により患者様のカラダの状態や日常の生活習慣のカラダの癖を把握します。続いて原因となる病巣を見極めるため患者様のカラダを触診、そして動きによる検査を行い、どの部位に痛みがでるのか確認します。

痛みが出ている箇所の状態が確認出来たら国家資格を保持している柔道整復師により専門的な知識と技術を基に筋肉調整や骨盤の歪みを改善することにより根本的な治療を目指します。

人のカラダのつくりが一人一人違うように患者様の治療のプランも違います。

そのためしっかりとカラダの状態を把握し患者様に合った治療プランを見つけ出し、1日でも早い症状の改善を目指します