相模大野にお住まいの方で梨状筋症候群にお困りの方はぜひ一度ベスト整骨院にご相談ください

代表施術者:山口 滉泰

〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3丁目11-3ルミエール相模大野201

受付時間:平日9時~13時、15時~24時。土日祝9時~22時。※交通事故の方は平日24時まで受付!通常の受付は20時まで!

  • お電話でのお問い合わせ:042-748-6916
  • MAP
  • 24時間メール予約
  • LINE@簡単予約

梨状筋症候群

こんなお悩みはありませんか111

  • 長時間の運転時に痛みやしびれが現れる
  • 中腰などの姿勢が辛い
  • 座っている時間が長いとだんだん痺れてくる
  • 太ももの裏側に痛みやしびれがある
  • お尻の外側が痛い

梨状筋症候群とは?

ここでは梨状筋症候群とはどの様なものなのかを説明していきます。まずカラダには腰まわりから足にかけてはしる「坐骨神経」という名前の神経があります。この神経は腰まわり→骨盤の出口→足‥といった流れで走るのですが、骨盤の出口のあたりに梨状筋という筋肉が存在します。筋肉とは柔らかく柔軟性のある状態が通常なのですが同じ姿勢が続いたり中腰などの負荷が続くとお尻の筋肉(梨状筋)がスジのように硬くなってしまいます。この状態が続くと坐骨神経に負荷がかかり坐骨神経の流れに沿って痛みや痺れといった症状が現れます。これが梨状筋症候群のメカニズムです。

梨状筋とその周りの組織図

梨状筋症候群の症状とは?

基本的な梨状筋の症状はおしり周りの痛みと痺れです。梨状筋の硬さや神経への負荷が強い場合はおしりだけでなく太ももまわりまで症状が現れる場合もあります。また患者様の中には「座っているときに痛みや痺れが出るが歩くと楽になる」といったことを仰る方がいらっしゃいますが、これは動かすことによって硬くなった筋肉や軟部組織が柔らかくなり神経への負担が軽減されると考えられます。

梨状筋症候群とは前項でもお伝えしたとおり筋肉や軟部組織によって神経に負荷をかけてしまうことによって起こる症状なのでレントゲンなどでは映らないケースが多いです。そのため痛み止めなどの薬や痛みの出ている箇所にシップを貼るといった対処療法をされるよりも痛みや痺れなどの原因へのアプローチを行う原因療法を行うことを当院ではおすすめしております。

検査を行う術者と患者

ベスト整骨院で行う梨状筋症候群への治療法

梨状筋症候群に対する治療法として、まず行うことは硬くなった梨状筋の柔軟性を取り戻すことです。ストレッチや筋肉や筋膜といった組織へのアプローチを行い負荷がかかっている箇所の原因を取り除きます。この作業が終わった後、今度は痛みや痺れといった症状が出にくい身体作りを目指します。例えば梨状筋症候群を好発しやすい方の特徴として座っている時間が長かったり中腰などといった姿勢が比較的長いなどといった事が挙げられます。このような方は先程あげた梨状筋の硬さだけでなく背中の骨や骨盤周り、股関節や周囲の筋肉に硬さや歪みが現れていて梨状筋(お尻)の周りに負担がかかりやすい状態が出来上がっている事が多いです。※個人差がございます。
相模大野にあるベスト整骨院では痛みや痺れを取るだけでなく、痛みや痺れの出にくい身体作りを目指し施術を行います。梨状筋症候群でお困りの方はぜひ一度ベスト整骨院へお越しくださいませ。

梨状筋症候群への施術風景