相模大野にお住いの方で外反母趾にお困りの方はベスト整骨院におまかせください!

代表施術者:山口 滉泰

〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3丁目11-3ルミエール相模大野201

受付時間:平日9時~13時、15時~24時。土日祝9時~22時。※交通事故の方は平日24時まで受付!通常の受付は20時まで!

  • お電話でのお問い合わせ:042-748-6916
  • MAP
  • 24時間メール予約
  • LINE@簡単予約

外反母趾

こんなお悩みはありませんか111

  • 足の親指が人差し指の上か下に入り込んでいる
  • 足の親指が「くの字」に曲がっている
  • 足の親指の出っ張りが靴に擦れて痛くなる

外反母趾とは?

外反母趾とは足の親指が小指側に変形してしまい「くの字」のような形になった状態をいいます。親指の角度が10〜15度ではほとんど痛みはありません。しかし、20度以上になると親指の付け根の関節が外側に突き出てしまいその部分が靴に擦れるなどして痛みや炎症が起こります。また、足の親指の変形角度が上がるにつれ元に戻りずらくなります。

外反母趾とは逆で足の小指が親指側に変形する内反小趾というものもあります。こちらも外側に突き出てしまった関節部が靴に擦れるなどして痛みや炎症を起こしてしまいます。

•外反母趾は様々な原因でなるとされています。
1.普段の歩き方のくせ
2.内股
3.サイズの合わない靴や先の尖ったヒールなどによる足の圧迫
4.筋力の低下

1の基本的な歩き方としては、かかとから着地して徐々につま先に体重をかけていくのが正常な歩き方ですがかかとからではなくつま先や足全体から地面につけるような歩き方をしていると足の親指の付け根に負担がかかりやすくなり、それを長年続けてしまうと外反母趾に繋がります。
<良い歩行>

<悪い歩行>

2.内股で歩いてしまうと足の親指の付け根に体重がかかりやすくなり負担になります。
負担がかかり続けることで足の親指が徐々に変形して曲がっていき外反母趾になります。

3.サイズの小さい靴やヒールなどの先の尖った靴を履いていると足が圧迫されて親指が変形する原因となります。
ヒールの高い靴も常につま先で立っている
状態に近いため土踏まずに体重がかかり負担になることで外反母趾を引き起こす原因となります。合わない靴やヒールの高い靴は足を圧迫するだけでなく、普段と歩き方のバランスが変わるため歩く時の姿勢が悪くなり関節に負担をかけるため外反母趾に繋がる原因の一つと考えられています。

4.大昔とは違い現在の進化の過程や生活習慣の変化などで足の親指を横に広げるための筋肉が弱ってしまい足の横アーチが保てなくなり足が全体的に横に広がり「べたっ」とつくことが多くなりました。足のアーチが崩れることで、足の親指の角度を保つ筋力が低下すして外反母趾を引き起こします。

 

相模大野にあるベスト整骨院でおこなう外反母趾への治療法

当院では外観の変形を完全に治すことができないため超音波治療機やテーピング、足周りのマッサージや重心の指導などを行い炎症の軽減や今の状態より悪くならないように施術を行なっています。