相模大野にお住まいの方で手根管症候群にお困りの方はぜひ一度ベスト整骨院へご相談ください

代表施術者:山口 滉泰

〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3丁目11-3ルミエール相模大野201

受付時間:平日9時~13時、15時~24時。土日祝9時~22時。※交通事故の方は平日24時まで受付!通常の受付は20時まで!

  • お電話でのお問い合わせ:042-748-6916
  • MAP
  • 24時間メール予約
  • LINE@簡単予約

手根管症候群

こんなお悩みはありませんか111

  • 指がしびれる
  • 明け方や朝起きた直後に痛みや痺れが強い
  • 手のこわばりがある
  • OKサインがしづらい
  • 仕事などで手を頻度よく使うことが多い

手根管症候群とは?

ここではまず、そもそも手根管症候群とはどのようなものなのかを説明していきます。
人間の手首には『手根管(しゅこんかん)』と呼ばれるトンネルがあります。このトンネルの中に神経や血管、指を曲げるための腱(すじ)が通っているのですが、このトンネル内で神経が圧迫されるなどの負荷がかかることによって親指からくすり指までの範囲で痛みや痺れ、早朝に手の動かしにくさが現れる事や洋服のボタンをかける動作やつまみ動作がしにくくなる主な手根管症候群の症状となります。

手根管症候群のイラスト

さきほど「親指からくすり指までの範囲で痛みと痺れ〜」とご説明しましたがこれは手根管(トンネル)内で圧迫される神経である正中神経という名前の神経が原因であり、この神経は親指からくすり指までの感覚などをつかさどることと同時に親指の母指球まで指令を出す役割を行っています。そのため手根管症候群になってしまうと親指からくすり指までの範囲を中心に痛みや痺れ、手の動かしにくさ(こわばり)などが現れてしまうと考えられています。

手首が痛い男性

手根管症候群になりやすい人の特徴

ほとんどの手根管症候群は手を多く使う仕事やスポーツなどで手を使いすぎたり、手首などの骨折後の後遺症などといった『手首を酷使する』人に好発すると考えられています。その他にも腎不全による透析を行っている方や妊娠・出産後のホルモンバランの乱れなどによって起こる突発性(特別原因がなくいきなり症状が現れる)の手根管症候群も存在します。

手根管症候群の診断

・手首を検査機叩くと指先に向けて痛みや痺れが走る(チネル徴候

チネル徴候のイラスト

・両手首を曲げて手の甲を合わせるようにしたままでいると痛みや痺れが強くなる(ファーレンテスト

ファーレンテストのイラスト

この他にも母指球の筋萎縮などを調べる方法がありますが、上記の2つは自宅でも簡単に出来るので試してみてください。試した際、手首に痛みや痺れが強くなるようであれば手根管症候群の疑いがあると考えられます。

手根管症候群に対する治療法

痛みや痺れなどが強く、物を持つなどの動作が困難な場合は整形外科などへ受診していただくケースもございますが軽度の場合は手首や周りの筋肉を緩めることによって症状の軽減を行います。相模大野にお住まいの方で手根管症候群にお困りの方はぜひ一度ベスト整骨院へご相談ください。

問診している風景